自転車のパンク修理のやり方

ほとんどの人が経験した事のある自転車のパンク。さあ乗ろうと思った時にパンクに気付いて、急いで自転車屋さんに頼んだりしてませんか? 慣れていなくても30分ほどでパンク修理できるので是非やってみて下さい。

用意するもの
・ バケツ
・ 布
・ ペンチなど
・ パンク修理キット 500円

これで何回分か直せます。簡単な説明書も付いているので一番最初はこれがいいでしょう。 その後は無くなった部材ごとにホームセンターで買う事ができます。
自転車で長距離の旅行をする場合もこのパンク修理キットと小さい空気入れを持っていくと、 旅先でも直せるので便利です。

また、虫ゴムが古くて穴があいていたり切れている場合は交換します。 その後タイヤに空気をいっぱいまで入れて5〜10分ほどして抜けていないか確認します。 抜けていなさそうなら虫ゴムが原因、抜けているようであればパンク修理を始めます。

自転車の虫ゴム
黒いゴム部分の上の方が切れたりします

自転車のパンク修理の際の注意点

自転車のパンク修理の際は、タイヤの中に砂利や砂などが入らないように注意して下さい。 土の上で作業をすると、タイヤを回しているうちに中に土が入ってしまいます。 そのままチューブを入れてしまうと、チューブとタイヤの隙間の土がチューブを傷つけ、またパンクしてしまいます。 理想は自転車を逆さまにすることですが、できなければコンクリートやアスファルトの上で作業をする、 ビニールシートの上で作業をするなど、砂の入りにくい環境でして下さい。


自転車のタイヤを外してチューブを取り出す

普通の自転車のタイヤは中にチューブが入っています。 パンクはそのチューブに穴があいておこるので、チューブを取り出して直します。 最初にチューブを覆っているタイヤを外します。 これは完全に取り外すわけではなく、自転車のホイールから片側だけずらします。 隙間ができるのでそこからチューブを引っ張り出します。

1. バルブ(空気を入れる口)を外す。
自転車パンク修理キットに付いている工具、無ければスパナなどでバルブのネジを外します。
このバルブはチューブとつながっているのでタイヤを外したあと、 チューブと共に取り出します。

2. 自転車のタイヤを外す
キットについている棒を自転車のタイヤの端に挿し込み、てこの原理を利用してホイール側に起こし、タイヤを外します。 1つ目の棒は挿したまま、2つ目の棒を10cmほど離れた場所に挿し込み、同じようにタイヤを外します。 上手く外れたら、棒や手で1周すべて外します。 実際やれば分かるのですが、自転車のタイヤ程度であれば棒は使わなくても手だけで簡単に外れます。 専用の棒などがなくてもマイナスドライバーなどでも代用できます。(チューブを傷つけないように注意)

自転車のタイヤを外す1
棒をタイヤの溝に突っ込んで
自転車のタイヤを外す2
倒してタイヤを外す

3. チューブを取り出す
外れたタイヤの隙間に指を入れ、中に入っているチューブを取り出します。 バルブ部分を含め、グルッと1周全部取り出します。

パンク箇所の確認と修理

チューブに軽く空気を入れ、そのチューブを水に沈めると穴が開いているところから空気がプクプク漏れているところを見つけることができます。 念の為、チューブを1周全部調べておくほうが安心です。

1. 軽く空気を入れる
外したバルブの部品を取り付け、軽く空気を入れます。 少ししか入れないと穴からあまり空気が出ずに見つけにくくなるので、 チューブを回せる程度でそれなりに膨らむくらいに空気を入れます。

チューブは回しやすいところに
前輪の場合チューブをタイヤとブレーキリングの間にもっていくと回しやすい

2. 穴が開いているところを見つける
バケツに水を入れ、その中にチューブを沈めて穴が開いているところを見つけます。 両手でチューブを持ち水の中に沈め、チューブをギュっと握ると見つけやすくなります。 これを1周繰り返します。 寒い時期では手が冷たくなると作業も適当になりがちなので沸かしたお湯でぬるま湯を作ります。

パンク箇所から空気が出る
穴から細かくプクプクと空気が出てます

3. 見つけた箇所を良く拭く
濡れていると接着剤がはがれてしまうので布で広めに拭いておきます。

4. 紙やすりでこする
穴を中心に周辺を紙やすりでこすります。 これは接着剤をしっかり付けるために必要で、こすらないとすぐにはがれてしまいます。 ゴムを貼る部分より少し広めにこすって下さい。 また、パンク修理用ゴムではなく、ゴムチューブを切って貼るような場合は、ゴムチューブの接着面も同じようにこすります。

5. 接着剤を塗る
穴を中心に貼り付けるゴムより少し広めに接着剤を塗り、1〜2分ほど乾かします。 塗る接着剤の量は少ないとダメで、多目に塗るほうがいいです。 少なすぎるより多すぎる方がまだ良いですね。 パンク修理用ゴムをすぐ貼り付けるとはがれやすくなるので、少し乾かしてから貼ります。 その間にバケツなどをしまっておくといいでしょう。

6. パンク修理用ゴムを貼る
パンク修理用ゴムは接着面にアルミ箔やビニールが貼っているのでそれをはがし、ゴムをチューブに貼ります。

パンク修理後の写真
パンク修理用ゴムパッチを貼ったところ

7. 圧着する
パンク修理用ゴムは貼っただけでは簡単にはがれてしまうので、 工具の後ろやハンマーなどで叩いて圧着します。 特に、パンク修理用ゴムの端ははがれやすいのでしっかりと叩いておきます。

元にもどす

取り外したチューブをタイヤの中にいれ、タイヤをホイールにはめてバルブを取り付け、空気を入れれば完成です。 この時、パンク修理用ゴムを貼った部分はぐにゃぐにゃにせず、真っ直ぐ伸ばしている状態のままタイヤに入れて下さい。 タイヤの中には保護用の細いゴムが入っている場合もあります。 これはもしできれば元通りにした方がいいのですが、どうしても無理そうなら適当、もしくは取ってしまいます。 バルブがあるところでは、タイヤがうまく入らない時があります。 この場合、バルブのネジを付ける前にバルブをタイヤ側に押し付けてからネジをはめます。

以上で自転車のパンク修理は完了です。


自転車パンク修理の価格と相場

自転車のパンク修理の相場は700円〜1500円ほどのようです。 作業自体は簡単なので、どんな人がやってもそれほど差はなく、30分ほどはかかってしまいます。 つまり時給換算で言えばそれほど高額なわけではないので、 近くに自転車屋さんがあって、すぐに直して貰えるならパンク修理してもらうのもひとつの方法です。 また、中には自転車を引き取り・配達に来てくれて700円というところもあるようで、 もはや最低賃金にもならないだろうというほど良心的なお店もあるようです。



やってみよう!

修理・工作類
車・バイクのマフラー修理
車のファンベルトの鳴き対策の前に
電源ケーブルなどの断線
自転車のパンク修理
外れないネジやボルト
ドライバーの磁気を簡単に復活させる方法
マウスの修理
電池の液漏れで使えなくなった機械
リモコンの電池の話
スピーカーユニットの作り方
USB-ACアダプターの活用
縫い目の分からない繕い方
スプレーで簡単に光沢のある塗装をする方法

病気や体
口臭予防
虫歯の痛み止め
抜歯のQ&Aと注意点
痔の予防と治療と対策
しゃっくりを止める方法
水虫の治療法
歯に付いたタバコのヤニを簡単に取る方法

生活類
除草のコツ
ビニールシートや除草シートの耐久性
泳ぎ続けるコツ
溺れる理由
髪のカット
トイレットペーパーの節約
フタを簡単に開ける方法
定規がない時に長さを測る
排水枡の掃除と仕組みや構造
プラスチックゴミの簡単な圧縮
フライパンの引っ付きにくい方法
鶏がらやカツオ節を使った本格ダシ
効率の良い換気の方法
楽な灯油の入れ方
液晶モニターやテレビ画面を拭く布

実験室

期限切れのインク
フラッシュの調整
インスタントラーメンのおいしい食べ方
どろどろ濃厚とんこつラーメンスープの作り方
安くて簡単ニセハンバーガー
歯間ブラシを試す
LED電球の分解
LED電球は本当に虫が集まらないのか