デジカメのフラッシュの光の調整

デジカメに限らず、カメラには大抵フラッシュが付いていますが、至近距離でフラッシュを焚いて写真を撮ると、いかにもフラッシュを焚きました感丸出しの残念な写真になってしまいます。 簡単に調整して自然な光量を得られるかやってみました!

カメラにもよりますが、数メートル離れた被写体にフラッシュを焚く場合は、比較的自然な光量が得られます。 でも、旅行に行って室内で写真を撮る時などは、上半身などを比較的近くから取る事も多いので、 そこでフラッシュを焚くと残念な写真になる事も多いですよね。 もちろん、望遠で少し離れて撮るなどの方法もありますが、 どうしても近くからフラッシュを焚いて撮らなければならない時もあります。 一眼レフの外部フラッシュでは、ディフューザーと呼ばれる光量を落とす為の商品がありますが、 カメラ内臓のフラッシュに付けられる物を売っているのを見た事がありません。 それならいっそのこと作ってしまおう!というのが今回の主旨です。

一般的なディヒューザーの材質は白色の樹脂です。 これは恐らく白色度が高い方がいいのでしょう。 とりあえず今回は実験と言う事もあるので、コピー用紙を使ってやってみます。 安いコピー用紙なので白色度は高くありません。 もっと白い紙が用意できればその方がいいでしょう。
このコピー用紙をカメラのフラッシュ部分に覆い隠すように当てて光が正面に飛びにくくなるようにします。



フラッシュ無し

フラッシュ有り

フラッシュ+紙

フラッシュの光が十分届く距離で撮っているので、違いがはっきり分かりますよね。 フラッシュ無しがもっとも自然ではあるのですが、どうしても全体的に薄暗く、仮にこれの明るさとコントラストを調整したとしても全体的に白っぽくなるだけです。 フラッシュ有りでは典型的な残念な写真になっています。 これが人だとしたら妙に色白だったり、白飛びした写真となるところです。 フラッシュ+紙は今回の主役ですが、比較的良い写真になっていませんか? 明るすぎず、暗すぎず、それでいて被写体は十分明るい写真となっています。

紙が真っ白ではないので写真も少し黄色掛かってます。 すぐありそうな紙ではレシートも結構白いですね。 アクリル板のような樹脂の方が光を通しやすいので、 白色度の高いアクリル板が用意できればそれが一番良さそうです。

今回の実験のいいところは、とてもお手軽にできるところです。 室内で子供やペット、料理などを撮る人はすごく多いので、試しにやってみたらどうでしょうか。




やってみよう!

修理・工作類
車・バイクのマフラー修理
車のファンベルトの鳴き対策の前に
電源ケーブルなどの断線
自転車のパンク修理
外れないネジやボルト
ドライバーの磁気を簡単に復活させる方法
マウスの修理
電池の液漏れで使えなくなった機械
リモコンの電池の話
スピーカーユニットの作り方
USB-ACアダプターの活用
縫い目の分からない繕い方
スプレーで簡単に光沢のある塗装をする方法

病気や体
口臭予防
虫歯の痛み止め
抜歯のQ&Aと注意点
痔の予防と治療と対策
しゃっくりを止める方法
水虫の治療法
歯に付いたタバコのヤニを簡単に取る方法

生活類
除草のコツ
ビニールシートや除草シートの耐久性
泳ぎ続けるコツ
溺れる理由
髪のカット
トイレットペーパーの節約
フタを簡単に開ける方法
定規がない時に長さを測る
排水枡の掃除と仕組みや構造
プラスチックゴミの簡単な圧縮
フライパンの引っ付きにくい方法
鶏がらやカツオ節を使った本格ダシ
効率の良い換気の方法
楽な灯油の入れ方
液晶モニターやテレビ画面を拭く布

実験室

期限切れのインク
フラッシュの調整
インスタントラーメンのおいしい食べ方
どろどろ濃厚とんこつラーメンスープの作り方
安くて簡単ニセハンバーガー
歯間ブラシを試す
LED電球の分解
LED電球は本当に虫が集まらないのか